戸建ての雨漏りの原因トップ6!保険の適用範囲〜修理までをご説明します。


\アンケートに答えて5000円をゲット!!/
この記事は約5分で読めます。

戸建てにお住まいの方は注意しなくてはならない

「雨漏り」

雨漏りは思わぬ場所が原因だったりする場合があります。

こんなお悩みの声

急に雨が漏ってきた

どこから漏ってくるんだろう?

大雨の時だけ雨漏りする

雨漏りは目に見えて穴が空いていたりしていればわかりやすいものの、
専門の方でも原因がわからない時があります。

雨漏りの原因を突き止めるのは難しいです。

一体どこの場所が雨漏りの原因が多いのかをみていきましょう。

本記事を読み終えた頃には
  • 雨漏りの原因がわかる
  • 前もって雨漏りの対処ができる
  • 雨漏りしてしまってからの行動がわかる

お役に立てば嬉しいです。

戸建ての雨漏りの原因ランキング

屋根からの雨漏り

雨漏りの原因場所の1つ目は、
「屋根」です。

雨にあたる面積が1番多いのが屋根です。

雨漏りしたら困るわ・・

特に雨漏りの原因で多いのが、瓦屋根とトタン屋根。

瓦屋根は、瓦が割れていたり、欠け落ちている部分やズレてしまって下地が見えてしまったりしていると雨漏りの原因になります。

トタン屋根は、強風などでトタンや瓦棒が剥がれてしまったり、サビなどで穴が空いてしまったりすると雨漏りの原因になります。

コロニアル屋根は、比較的新しめの施工法なのですが、何かの拍子でコロニアルが割れていたり欠けていたりすると雨漏りの原因になります。

屋上からの雨漏り

雨漏りの原因場所の2つ目は、
「屋上」です。

屋根ではなく屋上になっている場合も雨漏りが多いです。

屋上からの雨漏りは特に多いです!

屋上は緩やかな勾配に対して防水処理を施していますが、
防水処理が切れたりするとすぐに雨漏りします。

特に角部分の防水が切れてしまい雨漏りします。

ベランダからの雨漏り

雨漏りの原因場所の3つ目は、
「ベランダ」です。

ベランダ絡みの雨漏りは本当に多いです。

特に雨漏りしてしまって大変な間取りとして、
ベランダの真下にあったり、駐車場や外部ではなく、部屋になっている場合は大変です。

屋根とは違い、ベランダは屋上と同じように防水処理をしているのが一般的です。

その防水処理が切れてしまったりすると、真下の部屋に漏水します。
防水処理が切れてしまうとすぐに水が漏ってきます。

ベランダの笠木からも漏水することがよくあります。
笠木の処理は、外壁を塗りその上に被さるように笠木をしますが、コーキング処理が甘かったり笠木内部の透湿防水シートが切れたりすると漏水してしまうのです。

外壁からの雨漏り

雨漏りの原因場所の4つ目は、
「外壁」です。

外壁からの雨漏りもかなり多いです。

外壁の種類によりますが、
モルタル壁は、クラック(割れ目)からの雨漏りが多く見つけづらいという点では厄介です。

サイディング壁は、サイディングのジョイントのコーキングが経年劣化により防水の役目を果たせてない場合に雨漏りの原因になります。

先程も触れましたが、笠木の処理が甘かったりすると漏水することもよくあります。

サッシ周りからの雨漏り

雨漏りの原因場所の5つ目は、
「サッシ周り」です。

サッシは部屋の中と外をあえて繋げている為、窓を開けっ放しにして雨が吹き込んできてしまった場合んなど、窓枠や小さな隙間から雨漏りすることがあります。

外部側でも雨漏りが多く、サッシ上部や左右の外壁接続部からの雨漏りが多いです。

外壁と関係がありますが、サッシの上にモルタル壁のクラックがあったりすると雨漏りの原因になります。

トップライトからの雨漏り

雨漏りの原因場所の6つ目は、
「トップライト」です。

トップライトもサッシですが、あえて別項目で書きます。

その理由は、雨漏りがとても多いからです。

トップライト(天井窓)は日差しも入り、憧れている方も多いと思いますが、
やはり経年劣化によるコーキングが切れたりすると雨漏りの原因となります。

雨漏りの場合は火災保険は適用するの?

火災保険は自然災害による被害であれば適用される可能性が高いです。

風災・雪災・雹災は適用される

風災

台風、竜巻、防風、強風、旋風等の強い風による被害

  • 瓦のずれ
  • 雨樋や屋根の変形、破損
  • 飛来物による破損 など

雪災

大雪、雪崩等による被害

  • 屋根に積もった雪の重みによる被害
  • 積雪の落下による破損
  • 雪解け水による被害 など

雹災

雹(ひょう)による被害

  • 雹(ひょう)による屋根の破損 など

補償されないケースとは?

経年劣化や人的な被害には補償されないケースがあるので注意です。

  • 申請はなるべくお早めに
  • 修理費が安いと使えない場合も
  • 悪徳業者に注意

まずは、保険会社や信頼できる業者さんに相談しましょう!

まずは、加入している火災保険の保険証券を確認しましょう。

ない場合は、保険会社へ問い合わせしましょう。

火災保険、払いすぎていませんか?

雨漏りの修理をお願いしたい

雨漏りの修理は自分で行える作業ではありません。

高所での作業、漏水・防水処理の知識など危険を伴いますので、
リフォーム会社か外壁塗装業者か信頼できる業者さんにお願いしてください。

雨漏りを長い間放っておくと天井や壁だけでなく、
柱や梁などに被害を及ぼすこととなります。

お金はかかってしまいますが、なるべく早く修理することをおすすめします。

まとめ|戸建ての雨漏りの原因トップ6

今回は、
「戸建ての雨漏りの原因トップ6」についてまとめてみました。

雨漏りは戸建てにお住まいの場合は突然やってくるトラブルです。

普段からメンテナンスをしようと思っていても、屋根の上や、高い外壁のところは危険で何もできませんよね。

定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • 屋根の塗り替え

こちらのメンテナンスは大切ですよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました