住宅のトラブル!火災保険で適用される被害とは?補償範囲をご説明します!


\アンケートに答えて5000円をゲット!!/
この記事は約4分で読めます。

火災保険とはよく聞きますが、
火災が起きてしまった時だけに適用される保険と思っていませんか?

こんなお悩みの声

え?違うの?

火災保険てなんだ?

適用される範囲は?

住宅購入時や、賃貸契約の際に不動産屋さんに勧められるがままに契約はしたものの、
実際のところはなんのことやら・・・

という方も多いのではないでしょうか?

でも仕方ありませんよね。
住宅で何かしらの被害があった時に「あっ火災保険!」と思い出すくらいです。

被害がないとあまり必要性を感じませんしね。

それでは、火災保険の適用範囲などをみていきましょう。

本記事を読み終えた頃には
  • 火災保険を理解できる
  • 火災保険の補償範囲がわかる
  • 現在の加入中の火災保険を見直せる

お役に立てば嬉しいです。

火災保険の補償範囲

現在加入中の火災保険によりますが、代表的なものをご覧ください。

火災

失火やもらい火による火災の損害の補償
※ただし地震を原因とする火災を除く。地震が原因で起こった火災は地震保険。

  • 火災により住宅が燃えてしまった
  • 料理中にボヤになり壁を張り替えることになった
  • 隣家の火災が自宅にも燃え移り建て替えとなった など

落雷

落雷による損害の補償

  • 雷が落ちて家電製品がショートした
  • 雷が屋根に落ちて屋根に穴があいてしまった
  • 雷が落ちテレビが壊れて新しいテレビを買った など

破裂・爆発

破裂や爆発による損害の補償

  • 漏れたガスに引火して爆発が発生した
  • ガス漏れ警報器が鳴って照明をつけたら爆発した など

風災・雹災・雪災

風・雹・雪などによる損害を補償

  • 強風で窓ガラスが割れた
  • 強風で瓦がずれた
  • 屋根に積もった雪の重みによる被害
  • 雹による屋根が壊れた など

水濡れ

漏水などによる水濡れの損害を補償

  • 給排水設備の故障により部屋が水浸しになった
  • マンション上階からの水漏れで部屋が水浸しになった など

水災

台風や集中豪雨による損害を補償

  • 大雨で床上浸水してしまった
  • 川が氾濫し壁の張り替えが必要となった
  • 豪雨等で山が土砂崩れを起こし家を押し流してしまった など

盗難

盗難にともなう、盗取・損傷・汚損による損害を補償

  • 泥棒に鍵や窓ガラスを壊された
  • 泥棒に現金や家電製品を盗まれた など

騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

騒擾や集団行為による暴力・破壊行為の損害を補償

  • 労働争議に巻き込まれて家を壊された
  • 自宅前で集団により壁が破壊されてしまった など

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突

建物外部からの物体による損害を補償

  • 家に車で突っ込まれた
  • 飛んできたボールに窓ガラスを割られた など

被害があったら保険会社に連絡しましょう

上記で記載してある通り、
火災保険の補償範囲は多いです。

自然災害や予期せぬ被害は補償の範囲内と考えていいかもしれませんね。

ただし、経年劣化や人的な被害には補償されないケースがあるので注意です。

  • 申請はなるべくお早めに
  • 修理費が安いと使えない場合も

まずは、加入している火災保険の保険証券を確認しましょう。

被害があったら保険会社に連絡しましょう

保険の見直しも大切です

住宅購入時や、賃貸契約の際に不動産屋さんに勧められるがままに契約はしたものの、
実際には自分で火災保険は選ぶことも可能です。

年間いくら支払っているかもわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

保険証券どこかしら?
今いくら支払ってるんだろう?

1年払いや長期一括払いなど期間ごとに保険料は違いますが、
保険の内容確認も含め、保険の見直しをされるのもいいかもしれませんね。

火災保険、払いすぎていませんか?

いい機会だから保険を見直してみようかな。

保険の見直しサービス

まとめ|火災保険で適用される被害とは?

今回は、
「火災保険で適用される被害とは?」についてまとめてみました。

火災保険は、購入時や賃貸契約時の時になんとなく入っているなんていう方が多いのではないでしょうか?

火災保険の補償範囲は理解して頂けたかと思いますが、

被害を受けて保険会社に連絡をしても、適用範囲外ということもあります。

一度、保険の見直しをされるのもいいかもしれませんね。

補償が良い保険に入り直しましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました