畳をフローリングにしたい。リフォーム費用の相場は?


\アンケートに答えて5000円をゲット!!/
この記事は約3分で読めます。

今回のリフォームは、
畳をフローリングにするリフォーム費用の相場をご紹介します。

畳をフローリングにするリフォーム費用の相場は?

リフォームの相場

おおよそ15万円〜35万円が相場となります。
6畳〜10畳の大きさを基準としています。
※細かい内訳はリフォーム業者によって異なります

工事項目摘要
畳からフローリングに工事
 現場養生費室内・共有部とも
 解体費新規工事に伴う解体
  ※下地補強費既存下地に不備があった場合
 材料費フローリング・根太や合板など
 大工工事新規の下地・フローリングなど
廃棄物処理費畳の処分費・工事に伴う廃棄物や残材など
諸経費・雑費

現場養生費

戸建ての場合:玄関からリフォームする場所までの床養生や壁養生のことです。
マンションの場合:玄関からリフォームする場所までの床養生や壁養生や、共用部分の廊下、エレベーターなどの床・壁養生のことです。

解体費

畳の引き上げや、下地の解体、畳寄せなどの解体のことです。

※下地補強費

畳を引き上げた際に、畳の下地合板がふやけていたり、破けていたりしたら補強や張替が必要です。
この工事は必要でない場合と必要な場合があります。

材料費

根太や合板、フローリングの材料費のことです。
フローリングはランクによって金額が変わります。

一般的なフローリングの種類フローリング材の相場(6畳)
複合フローリング8万〜14万
無垢フローリング10万〜18万

断熱材を入れたり、遮音シートを敷いたりするケースもあります。

大工工事

現場の状況や、既存下地の状態などによって、かかる人工(にんく)は変わります。

人工の目安としては、2人工〜4人工です。

廃棄物処理費

工事に伴う廃棄物や残材のことです。
それと畳の処分は産業廃棄物割増料金がかかります。

畳1枚あたり、2,000円〜3,500円が相場となります。
※畳の状態によって異なります。

諸経費・雑費

  • 事務手数料
  • 現場調査費
  • 見積り費用
  • 駐車場代 など

※リフォーム業者によって異なります。

追加のリフォーム工事

断熱材を入れる

断熱効果のあるスタイロフォームという材料があります。

写真の水色のがスターロフォームです。

サイズは、910mm×1820mm。
必要な枚数は畳の数分必要になります。

1枚あたり、1,500円〜2,500円が相場です。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

リフォーム費用は状況や環境、リフォーム業者によって異なります。
本記事は、リフォームの費用の相場として考えていただきますと幸いです。

リフォームで快適な住まいを。

タイトルとURLをコピーしました