あなたの家は大丈夫?泥棒に狙われやすい家の7つの特徴


\アンケートに答えて5000円をゲット!!/
この記事は約5分で読めます。

あなたの家は大丈夫でしょうか?
しっかりと防犯対策していますでしょうか?

防犯対策バッチリだよ!

と思っている方もいらっしゃると思いますが、
それ以前に、泥棒に狙われやすい家の特徴があるのを知っていましたか?

入りやすそうですね。

本記事では、泥棒に狙われやすい家の7つの特徴をご説明します。

泥棒に狙われやすい家の特徴

泥棒に狙われやすい家の特徴をまとめました。

特徴は7つあります!

2階へ上がる足場がある

特徴の1つ目は「2階へ上がる足場がある」ことです。

ブロック塀やカーポート、配管などで2階のベランダや窓に入れてしまうと泥棒の侵入経路になってしまいます。

2階だからといって、施錠を怠っていると危険です。

ガラスの玄関扉や勝手口

特徴の2つ目は「ガラスの玄関扉や勝手口」です。

ガラスの部分はハンマーやバールなど硬い道具で叩けば簡単に割れてしまいます。

ガラスが割れてしまえば、中に手を入れて簡単に鍵を開けられてしまいますよね。

窓ガラスの種類

特徴の3つ目は「窓ガラスの種類」です。

一般的な認識として「網入りガラス」だから大丈夫と安心されている方も多いかもしれませんが、

「網入りガラス」は防火性や飛散防止性には優れていますが、防犯面にはさほど優れていません。

もちろん「網が入っていないガラス」よりは防犯の役目は果たしますが、ガラスを割って、網を番線切りなどで切られてしまうことは容易なことです。

小窓の鍵の閉め忘れ

特徴の4つ目は「小窓の鍵の閉め忘れ」です。

小窓だからといって安心してはいませんか?

小窓からは入ってこれないでしょ?

と思うかもしれませんが、

鍵が開いていて扉の開け閉めが出来てしまうと、窓自体が取り外しされてしまう可能性があります。

小窓の片方分だけだと入れないかもしれませんが、左右両方の小窓が無かったら結構なスペースが空いてしまいます。

面格子付き窓

特徴の5つ目は「面格子付き窓」です。

面格子がついているから防犯対策は大丈夫と思っていませんか?

面格子が外部側から取り外しが可能なのを知っていましたか?

もちろん取り外しには工具を使ったりして泥棒が嫌がる「音」が出てるので目立つ行為はされない可能性もありますが、

窓を施錠していないまま長期の旅行に行っていたりすると狙われる可能性はありです。

ベランダの鍵の管理が甘い

特徴の6つ目は「ベランダの鍵の管理が甘い」ことです。

ベランダは2階もしくは3階だからといって安心されていませんか?

ベランダの鍵が閉まっていないのが下から見えたら狙われる可能性は十分にあります。

隣の家から飛び移れる

特徴の7つ目は「隣の家から飛び移れる」ことです。

建売住宅などで、お隣の家と同じ作りでベランダが横並びしているということもありますよね。

自分の家をいくら気を付けていようと隣の家から飛び移られることも考えられます。

泥棒に狙われやすい家:番外編

こんな例もあるので気を付けましょう。

隣の家が工事中

隣の家が工事中で足場がかかっていたりすると簡単に侵入されてしまいます。

窓やベランダの鍵はしっかり閉めましょう。

大規模修繕中

大規模修繕などで足場がかかっていると、マンションやアパートの高所階でも泥棒に入られてしまうこともあります。

足場がかかっていると、高所階でも狙われる可能性あります。

泥棒の対策を検討しましょう

泥棒に入られてしまい、家の資産を盗まれてしまうことは未然に防ぎたいものです。

防犯カメラの設置

防犯カメラの設置は最近では主流となってきています。

新しい家に取り付けるのはもちろんですが、古い家こそ防犯カメラは取り付けるべきです。

窓ガラスや面格子などが古いタイプで、今の窓などよりセキュリティ面が弱いためです。

それとダミーの防犯カメラを設置している方もいますが、ハッキリ言って何の役にも立ちません

泥棒もダミーだとすぐにわかってしまうものの、実際に泥棒に入られてしまった時に映像として何も証拠が残らないということになります。

こちらのサービスをご活用ください

警備会社に加入

ホームセキュリティの警備会社に加入するのもいいでしょう。

防犯のプロが24時間365日監視してくれている状態になるので安心・安全です。

旅行などで長い時間家を空ける時にも安心ですよね。

防犯対策(侵入感知)以外にも非常時の通報や火災感知まで対応!

ホームセキュリティのシールだけでも効果があると聞きますよ。

こちらのサービスをご活用ください
  • セコム・ホームセキュリティ
  • ALSOK・ホームセキュリティ

まとめ|泥棒に狙われやすい家の7つの特徴

今回は、
「泥棒に狙われやすい家の7つの特徴」についてまとめてみました。

自分では気を付けていると思っていても、すでに狙われやすい家という可能性もあります。

まずは、窓の鍵は必ず施錠することが自分でできる1番の防犯対策になります。

外出時には必ず鍵を閉めましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました