窓ガラスが割れたら交換はどこに頼めばいいんだろう?【住まいの疑問】


\アンケートに答えて5000円をゲット!!/
この記事は約7分で読めます。

窓ガラスが割れてしまって、お悩みではないでしょうか?

実際に窓ガラスが割れてしまった方も多くいてお悩みの声をいただきます。

窓ガラスが割れちゃったんだけど、どこの業者に電話すればいいんでしょうかね?

窓ガラスが割れてちゃって、業者に交換を依頼しよう思ってるんですけど、

ネットで出てくるところに頼もうか、近所のガラス屋さんに頼もうか迷っています。

今まで窓ガラスが割れたことないから、実際に割れるとどこに頼んでいいかわからない。息子に調べてもらおうかな。

窓ガラスが割れてしまって困っている方は多くいらっしゃいます。

本記事では、
こちらのお悩みを解決させていただきます。

窓ガラスが割れたらどこに修理を依頼すればいいの?

修理してもらう方法はいくつかあります。

地域のガラス屋さんを探す

普段近所を歩いたりしていても、住んでいる地域のガラス屋さんはなかなか覚えていないですよね。

むしろ気にされていない方が多いのではないでしょうか。

でも、結構あったりするものですので、一度インターネットで調べてみるのが良いと思います。

日曜休日、夜間も対応のガラス修理の専門業者

いますぐにでも修理したいという場合は、
当日修理もしてくれるガラス修理の専門業者さんに依頼しましょう。

日曜休日、夜間も対応しているので緊急時でもすぐに来てくれます。
大量の交換用のガラスを作業車に常備しながら地域を巡回しているから当日に直してくれます。

基本料金(税込)8,800円+材料費+作業代金
と良心的な金額だと思います。

緊急時の方は、まずお電話を。
【ガラスのトラブル救急車】

地元の工務店に相談する

地元にある工務店の方に相談するのも良いと思います。

地域のガラス屋さんを探すのって結構大変ですが、
工務店を探すのは結構見つかると思います。

工務店の方は、住まいプロです。
注文住宅からリフォームまで家のことなら何でもできます。

もちろん、ガラス屋さんあるいはサッシ屋さんの知り合いがいます。

工務店の仲介手数料がプラスかかってしまいますが、
地元の工務店さんなので、良心的な金額を定時してくれるか、
仲介手数料も取らずに紹介してくれる場合もあると思います。

窓ガラスの種類と選び方

一般的には、割れてしまったガラスと同じ種類を選ぶのが良いと思いますが、

視線が気になってました…

お悩みがあった方は、
この際に違う種類に交換するのも良いかもしれませんね。

フロートガラス

住宅の窓ガラスに最も一般的に使用されているのがこのフロートガラス。

透明で特殊な加工のされてなく、採光性や可視性に優れています。

ガラス交換費としては、他の材質と比べ、安価に交換できます。

型板ガラス

型板ガラスも住宅の窓ガラスに多く使用されています。

視線をボカすことができるので、プライバシーを守りたい場所や、見られている感じを軽減できます。

ガラス交換費としては、他の材質と比べ、安価に交換できます。

すりガラス

すりガラスは、型板ガラスと同様、
視線をボカすことができるので、プライバシーを守りたい場所や、見られている感じを軽減できます。

水に濡れると透けてしまう弱点があるので注意してください。

ガラス交換費としては、他の材質と比べ、安価に交換できます。

網入りガラス

網入りガラスは防火性や飛散防止性に優れていて、防犯面にも上記の3つよりかは優れています。

フロートガラスの他に、型板ガラスの網入りガラスもあります。

マンションの窓ガラスも修理できる?

マンションの窓ガラスも修理できるの?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

まず、お住まいのマンションの窓ガラスが割れてしまった場合は、
管理会社に問い合わせるのがいいでしょう。

対処法を教えてくれるかもしれません。

ご自分で直してくださいと言われれば、
先ほど紹介した方法で交換・修理を行えば良いと思います。

窓ガラスにひびが入った場合も交換した方がいい?

窓ガラスにひびが入っている場合、交換・修理の必要があるかというと必要があります。

ひびが入っているだけで崩れてこないし、怪我もしそうにないし、雨や風も入ってこない場合もあると思いますが、

季節が変わり強い日差しに当たり、寒い冷気に当たり、多少なりとも何かしら動きが生じてきます。

その時に割れてしまったりする場合もありますので、交換・修理はお早めにした方が良いです。

交換するまでの応急処置の方法

窓ガラスが割れてしまい、交換・修理するまでに時間をかかる場合もありますよね。

そんな時の応急処置をいくつかお教えします。

ダンボールで応急処置

1番安上がりなのは、ダンボールで窓のフレームまで覆い幅の広いテープで塞ぎます。

雨が降ると濡れてしまい、弱くなってしまうので応急処置程度のやり方です。

プラダン(プラスチックダンボール)で塞ぐ

プラダンとは、プラスチックでできているダンボールみたいなものをいいます。

他にも、

  • プラベニ
  • ダンプラ

などの言い方もあります。

今まで、自宅の窓ガラスが割れてしまった経験をされた方は、そんなに多くいらっしゃらないかもしれませんが、

サイズは、910mm × 1820mmまであるので、
畳一枚くらいの窓のサイズであれば対応できます。

ホームセンターで売っているので、カッターで必要なサイズに切れば持って帰ってこれますね。

こちらであれば多少の雨風を塞ぐことが可能です。

まとめ|窓ガラスが割れてしまったら早急に交換を

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今まで、お住まいの窓ガラスが割れてしまったという経験をされた方は、そんなに大勢はいらっしゃらないと思いますが、

実際に窓ガラスが割れてしまうと、どう対処していいものかわからないと思います。

そんな時の為に、お役に立てれば幸いです。

どちらにしても、
窓ガラスが無いと雨風は室内に入ってきますし、
窓ガラスが無いまま夜を過ごすのはとても不安ですよね。

やはり、早急に対応する必要があります。

に問い合わせてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました