外壁塗装工事で壁にツタ(蔦)が伸びている場合は工事費が高くなる?


\アンケートに答えて5000円をゲット!!/
この記事は約5分で読めます。

外壁塗装工事で壁にツタ(蔦)が伸びている場合は工事費が高くなる?

外壁塗装をしようとお考えの方はこのような疑問を抱えていませんか?

外壁にツタが伸びている場合は工事費が高くなる?

たまにツタで覆われてしまっているお宅がありますよね。

断熱効果があるメリットや虫が寄ってきやすくなるデメリットなどの
ツタ(蔦)良い所・悪いは別ページでご説明しますが、

本記事では、ツタで覆われている場合の外壁塗装は工事費用は高くなるのかをご説明します。

ツタが伸びてると工事費用は高くなる?

結論から申し上げますと、「高くなります」
これは、ツタがまったく伸びていないお宅ということで話を進めていきます。

ツタで覆われすぎていると、工事自体を断られることもあります。

なぜ高くなるか深堀りしていきましょう。

ツタ(蔦)の撤去作業費が追加される

外壁塗装をする際にツタが生えているとツタを取り除かなくてはなりません。

なぜならツタがくっついたままだと、外壁の塗装が出来ないからです。

ツタを完全に取り除かなくてなりません。

ツタの枝の部分は比較的撤去しやすいのですが、伸びた手のような根の部分が吸盤のようになっていてとっても厄介なのです。

枝を引っ張って取れたとしても根だけが残ってしまいます。

余計な人件費や養生費がかかる

外壁塗装をする際には必ず足場は組み立てられます。

足場の代金はツタがあるないに限らずかかりますが、余計な人件費や養生費などが追加でかかってくるでしょう。

ツタの撤去費は業者によって違いますが、どちらにしろ飛散する撤去作業が多い為、必要以上に広範囲での養生が必要になるケースがあります。

近隣の建物や、車や自転車、その他飛散してしまいそうな箇所の養生もします。

ということは、人件費もかかってきます。

処分費用が追加される

ツタを撤去した後には廃棄として処分しなければなりません。

ツタの量で費用は上下すると思いますが、処分費用はかかってきます。

ツタで覆われているのになんで外壁塗装する必要がある?

そもそもツタで覆われているのに、なんで外壁塗装をする必要があるんだろう?と疑問を抱く方もいらっしゃますよね。

なんで外壁塗装する必要があるの?

なぜ外壁塗装をする必要があるのか深堀りしていきましょう。

屋根、外壁から雨漏り

1番の原因は「雨漏り」です。

雨が家の中まで漏ってきてしまうと、もちろん外部側から雨の侵入経路を見つけなければなりません。

その為、外壁についているツタを撤去しなければならなくなります。

外壁から漏ってきた場合、古い戸建てなどですと他の箇所からも漏る可能性がある為、その際に外壁塗装するケースが多いです。

近隣からの苦情

ツタを伸びっぱなしにしていると様々な問題が出てきます。

やむおえずツタを撤去せざるおえなくなり、撤去した後に外壁塗装もしてしまおうというケースです。

近隣のお宅まで伸びてしまった

一度、近隣の外壁にも伸びはじめてしまったら大変です。

枝だけなら切れば済みますが、根が付きはじめてしまった場合はさらに大変です。

虫が飛びまわる

やはり植物の周りには虫が寄り付きます。

洗濯物にくっついたり、虫に刺されたりしたらツタの撤去をしなければならない場合も。

自分でツタを撤去できる?

大前提に高所までツタが伸びてしまっている場合は、危険ですのでご自分では行わずに初めから工事の依頼しましょう。

ツタに高圧洗浄機で撤去してみる

高圧洗浄機でツタは取れるのだろうか?

そんな風に思ったことはありませんか?

実際に以前試した経験はありますが、
手で取れるツタを剥がした後に高圧洗浄を行いましたが、根までは取れませんでした。

やはり根が厄介で、外壁に吸盤のようにくっついているので吹き飛ばすことは出来ませんでした。

ワイヤーブラシで撤去してみる

経験談として、ツタの根はワイヤーブラシが一番取れました。

正確にいうと削り取りました。

しかし問題があり、
下地から削り取れてしまうので外壁塗装をしなくてはならなくなります。

その為、外壁塗装をお考えの方はご自分でチャレンジしてもてもいいかもしれませんね。

まとめ|外壁塗装工事で壁にツタ(蔦)が生えている場合は工事費が高くなる?

今回は、
「外壁塗装工事で壁にツタ(蔦)が伸びている場合は工事費が高くなる?」についてまとめてみました。

やはりツタというのは色々と問題がありますね。

メリットもあるかもしれませんが、
個人的にはあまり良い印象を受けません。

トラブルがあった際に余計なお金もかかってくると思うのでオススメはしません。

ツタはあまり好きではないです。。。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました