リフォーム工事の前日までにやっておくべきことは?貴重品は必ずしまっておきましょう。


\アンケートに答えて5000円をゲット!!/
この記事は約3分で読めます。

リフォーム工事の前日までにやっておくべきことは?

明日からリフォームなんだけど、何かやっておくことはあるのかな?

と疑問を抱えていませんか?

明日からリフォーム工事。
実は前日までにやっておいた方がいいことがあるのです。

お気を遣っていただきありがとうございます。

リフォーム工事の前日までにやっておくべきことは?

貴重品は必ずしまっておきましょう

貴重品は必ず見えないところにしまっておきましょう。

貴重品は高価なものも多く、後々無くなったなどのトラブルが起きてしまうと大変な話なので、
予めしまっておきましょう。

しまっておいていただきたいです。

以前経験したことがあるのが、

今から工事をするという場所に、ガラス張りのジュエリーボックスが置いてありました。

中には金色や銀色に光っているものが中に入っていて、
自慢するかのように飾ったまま
でした。

工事をする側からすると、
「アレがない」「コレがない」となるのがとても嫌なので予め貴重品はしまっておくのがマナーと考えておいてください。

盗んだ。と疑われるのはとても不快な気持ちになりますので、お客様の方での配慮が必要となります。

工事をする場所の荷物は片付ける

工事する場所に荷物は片付けておきましょう。

重いタンスや、家具、テーブルなどがある場合は、職人さんが退けてくれると思いますが、

洗濯物や、食器などご自分でも移動できるものは必ず片付けるのがマナーだと思います。

重い家具は任せてください。

例えば、食器棚を移動する際に、中のグラスが割れてしまった。というトラブルがあったとします。

職人さんは、食器棚を動かして作業をしますが、扉を開けて中の食器まで触ろうとは思いません。

流石にお客様の食器なのでなかなか素手で触りづらいし、前日までに別の場所に移動できたはずです。

やはりお客様側の配慮は必要となります。

工事する場所の掃除はしましょう

工事する場所の掃除はしておきましょう。

例えば、キッチンのリフォームをするとします。

  • シンクの中に洗っていないお皿
  • 食べ残しが入った三角コーナー
  • 足元には料理で落ちた食材
  • 調味料が沢山 など

今からリフォームをしようとする時にこのような物があったら仕事になりませんよね。

どうせリフォームで壊すからといっても、壊すのはキッチン自体であって上記で並べた物ではありません。

予めよろしくお願いします。

やはり、お客様側の配慮が必要になります。

トイレを貸すか貸さないか決めておく

トイレを貸すか貸さないか決めておきましょう。

トイレ問題は結構シビアな話なので別ページ詳しく書いていますが、お客様の方でどちらにするか決めておくといいでしょう。

若干話はズレますが、以下の2つは貸してあげましょう。

  • 水道(水)
  • コンセント(電気)

水と電気を貸していただきたいのですが、、

どちらも工事には必要不可欠になります。

まとめ|リフォーム工事の前日までにやっておくべきことは?

今回は、
「リフォーム工事の前日までにやっておくべきことは?」についてまとめてみました。

ご自分で片付けられるものは片付けたり、掃除しておくのはマナーです。

貴重品は目の届かないところにしまうことも忘れずにしましょう!

本記事でご紹介した方法で解決していただけましたら幸いです。

明日から工事よろしくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました